カンジダの基礎知識!カンジダの検査や治療はどのようにおこなうのか

性病のひとつである性器カンジダ症の具体的な症状や感染経路などを解説します。カンジダ菌が何らかの原因で増殖し炎症を起こすと性器カンジダ症となってあらわれてしまいます。再発しやすい病気なので予防することが大切です。

*

カンジダの基礎知識

カンジダの概要

性器カンジダ症は、カンジダが性器に感染して起こる感染症です。カンジダは、もともと性器の周辺や口腔内などに存在する常在菌です。通常は増殖しないものの、体調不良や抗生物質の服用で免疫力が低下すると増殖して炎症を起こすことがあります。

カンジダが増殖する原因は、人によって様々です。体力や免疫力が低下して菌に対する抵抗力が弱くなるとカンジダが増殖します。ホルモンバランスの変化や抗生物質の服用も注意が必要です。通気性の悪い衣類や下着を着用していると真菌が増殖しやすくなります。

適切な治療を行えば短期間で治癒することができます。パートナーの性器にカンジダが増殖している場合は、パートナーが感染源になることもあります。女性の性器カンジダ症の5%程度が性交渉による感染が原因で発症しています。

女性が感染すると、外陰部や膣にかゆみが出ます。おりものが増え、膣や外陰部の炎症や排尿障害などの症状が出ることもあります。男性の場合は亀頭や冠状溝周辺にかゆみが出て赤い発疹や小さい水泡などが出ます。

治療法は男女とも抗真菌薬を使い、女性の場合は膣の洗浄をしてから錠剤を挿入することもあります。局所を清潔に保ち、再発を防ぐことが大事です。

カンジダの薬と飲み方

クラミジアの治療薬ではジスロマックが有名ですが、性器カンジダ症の場合はフルコナゾールやクロトリマゾールがよく知られています。フルコナゾールは内服タイプの抗真菌薬で、クロトリマゾールは外用の抗真菌薬です。フルコナゾールは、真菌治療では良く知られています。

クロトリマゾールは、1日2回から3回くらい患部に塗布します。塗り薬なので副作用は少ないです。人によって皮膚に炎症を起こす場合もあるので、炎症や赤みが出た場合は早めに医師に相談することが大事です。

内服タイプのフルコナゾールは、50mgから100mgを1日1回服用します。副作用は少ないですが、まれに下痢や腹痛、発疹などが出るケースもあります。

薬は医師に指示された期間続けることが大事です。症状によっては長く使用することもあります。自分の勝手な判断で使用を中止しないようにします。定期的に必要な検査を受けて、副作用をチェックしておくと後で慌てずに済みます。アレルギーを起こしやすい人や腎臓病などの持病がある人は、医師に伝えておきます。

妊娠中か妊娠の予定がある人は事前に医師に相談し、服用中の薬があれば報告しておいたほうが安心です。高齢の場合は飲み方に注意し用量も少なめにして慎重に用います。

カンジダの原因

カンジダ菌というのは、日頃から体内に生息している菌です。そのため、存在自体は有害ではないのですが、何らかの原因で増殖し炎症を起こすと性器カンジダ症となってあらわれてしまいます。

カンジダ症は90%が自己感染です。性行為から発症するというイメージがありますが、実は性行為による感染は10%以下です。自己感染の原因としては、疲労やストレスによる免疫力の低下があります。ホルモンバランスの変化の影響を受けるので、妊娠中や生理の前後、ピルの服用によっても起こります。

また、締め付けのきつい衣服を着用していると通気性が悪くなり、カンジダ菌が増殖しやすくなるので注意しましょう。ステロイドや抗生物質といった薬の影響もあります。抵抗力が落ちると、日頃存在している常在菌に対しても過剰に反応してしまいます。糖尿病など免疫機能が低下する病気にも気を付けましょう。

デリケートゾーンを清潔にすることが必要ですが、石鹸などで強く洗い過ぎてしまうと膣内の環境のバランスが変化してしまいます。性器カンジダ症を発症してしまうので、洗い過ぎには気を付けましょう。清潔にすることは大切ですので、お湯などでゆっくりと丁寧に洗うことが大切です。

カンジダの症状

性器カンジダ症は男性と女性で症状が異なります。

女性の症状の中でも1番の特徴はかゆみです。性器周辺に強いかゆみを感じて、熱を持ったような状態です。熱を持っているというのは炎症が起きている証拠です。そのため、性交時に痛みを感じるようになります。おりものにも変化があり、量が増えたり、色も白や黄色、黄緑へと変わっていきます。形状もヨーグルトやチーズのように固まってきます。

男性の症状は亀頭や包皮にあらわれます。強いかゆみに加えて、性器が赤くなったり、ぶつぶつとした水泡のようなものができます。白いカスのようなものが出てきたり、尿道炎になってしまうこともあるので、自覚症状が強いです。

また、性別を問わず出る症状として、性器以外にもあらわれます。口内炎や唇に炎症が起こり、この状態は感染を広げることがあるので注意しましょう。

カンジダ症はかゆくなるものだと思っている人が多いですが、初期や炎症が起きている場所が奥だとかゆくない場合もあります。放置していると慢性化してしまうので、いつもと異なる感覚があればすぐに病院に行くようにしましょう。恥ずかしいと感じるかもしれませんが、きちんと治療をすれば治すことができます。

公開日: